アルファードのシートカバーの取り付け方について-アルファード用シートカバーの人気タイプ…お勧めはコレッ!

アルファードのシートカバーの取り付け方について

★ 作業をする前にする準備

購入したシートカバーをアルファードに取り付ける作業を自分で行えば、取り付け工賃はかかりません。 意外と簡単ですので、手順をしっかりと守って取り付けを行なば大丈夫です。

正しい手順で行なうことで、できるだけ手間ひまと時間をかけずにシートカバーの取り付けができます。

実際の作業を行なう前にまず気をつけなければいけないのは、作業をする場所です。

できるだけ水平な場所にアルファードを駐車した方が作業をしやすくなります。

またタイヤの向きも前の状態に向けておくことで、正確な作業がしやすくなります。

作業を実際に始める前にまずアルファードの内部をしっかりと清掃しておく必要があります。

ごみなどが残っていると作業をする途中で邪魔になり、きれいに付けられなくなるので、しっかりと取り除いておきましょう。

アルファードの内部の複数の椅子にシートカバーかぶせる場合には、まず作業しやすい場所から始めるのが効率的です。

空間が周囲にある椅子の方が作業しやすくなります。

また作業をする際には指を保護するものをはめておいた方が、指を傷付けず安全に作業ができます。

全体の作業の方法としては椅子の各パーツにそれぞれ別々にシートをつけていくという流れになり、必要に応じてパーツを取り外しながら作業を進めます。

★ ヘッドレストのカバー

アルファードの椅子にシートカバーを装着する場合には、まずアルファードの椅子の上部についているヘッドレストの部分を外すことで、作業が格段にしやすくなります。

ヘッドレストを椅子から取り外す方法は非常に簡単です。

上方に引き抜くことで容易にヘッドレストごと取り外すことができます。

取り外したヘッドレストにまずカバーを付けていきます。

カバーを付ける場合には、上から覆うようにカバーを付けていきます。

この際に気をつけなければいけないのは、カバーの状態です。

前と後ろが正しくなっていることや、斜めになっていないことを確認しながら作業をする必要があります。

ヘッドレストのカバーは椅子と密着性を高めるために、椅子との間の隙間ができないように設計されているものも多いため、取り付けにくい場合には、カバーの上から力を入れながら丁寧に覆っていきます。

ヘッドレストが完全にカバーで覆われたら、今度はそれをしっかりと固定します。

固定をする方法はカバーの種類によって異なっていて、紐で固定するタイプのものもあれば、ベルトで固定するタイプのものもあります。

これらを固定する場合には専門の工具を使用しなければならないもの他に、テープだけで作業できるものもあります。

★ 背もたれと座面のカバー

ヘッドレストのカバーを付け終わったら、次は座席の他の部分にシートカバーを装着していきます。

ヘッドレストの後は背もたれの部分にカバーをつけていくのが効率的です。

ですがその前に、アルファードの座席の背もたれの側面についているアームレストを取り外すことで作業が格段にしやすくなります。

アームレストを取り外すにはレストの表面についているカバーをまず取り外す必要があります。

カバーを外すと中に雄ねじが入っているので、これを工具を使用して回します。

ねじをはずすとアームレンチも自動的に取り外せます。

これで背もたれの部分からヘッドレストとアームレストが取り除かれた状態になり、そのまま上からシートカバーを装着できるようになります。

カバーを取り付ける際はヘッドレストの時と同様に前後を間違えないように確認しながら作業をします。

カバーを覆い終えたら、椅子の形にしっかりと合うように手を使って、カバーの状態を整えていきます。

最後に座面部分のカバーを取り付けます。

座面部分にカバーをつけたら、テープや工具などを使用してしっかりと装着をします。

カバーを全て付け終えたら、最後に外していたレストカバーとアームカバーを再び背もたれに取り付ければ、シートカバーの装着作業は完了です。


画像で見るシートカバー装着方法はコチラへ